幸せを食べて生きる

 

未練たらしい人間は嫌いだ。いつまでもかなしみに引っ張られて、前を向けていない。

そう、それは自分のこと。

怒りや理不尽さを伴うかなしみは、ことあるごとに顔を出す。

  

これは、「色恋沙汰」と言えばそうだし、それで片づけられてしまうような、他人にとってはどうでも良い話である。

 

人(女)から妬まれることがある。例えば私にとって大切な男友達、はたまた彼氏のことを好き(love)な人(女)から。その人(女)たちは、私から彼らとともに幸せや楽しみを奪っていった。そして「私のものよ!」と言わんばかりに、敵意剥き出しで接してくるのである。(※まあ、そもそも人は誰のものでもないのだが、そういう人(女)は独占欲が強い。)

「カップル」や「結婚」とは、いわゆる「収まるべきところに収まる」ということだと思った。そう、彼ら彼女らは収まるべきところに収まったのだ、と今では思うけれど、嵐の中ではそうはいかなかった。私も足掻いたし、彼女らもまた足掻いていた。その結果、必要以上に怒りと理不尽さを生み、かなしみの範疇を越えたのである。

 

アラサー、独身、彼氏なし。

 

私もいつかあの女たちのように、誰かの幸せを食べて満足そうに笑うのだろうか。

そんな風になるなら、一人で生きていく方がよっぽど美しいと私は思う。